先週に引き続き、今週末もアウトドアです。岐阜県石徹白川沿いのキャンプ場へ行ってきました。

07:10 名古屋市港区を出発。名神一宮JCTが2km程渋滞したのみで、スイスイでした。バロー白鳥店(営業時間09:30〜)にて買出しをする予定であったが、開店の1時間以上前に到着しそうだったので時間を調整しつつゆっくりと車を走らせる。

バロー白鳥店手前の道の駅でトマトなど野菜を仕入れる。質の良い野菜が安く買えるので有難い。その後バローで炭焼用の具材を仕入れる。

国道からキャンプ場までの山道でいつも犬がゲーゲー吐いてしまうので、普段にも増して安全運転を心掛ける。ゆっくり走ったので、今まで気になっていた女性の写真撮影に成功。

image


マネキン。最初見たときはビックリしたものだ。薄暮時に見たら、怖いだろうな。

11:00 ロックフィールドいとしろに到着。

image


少々暑いくらいの晴天に感謝しながら、受付を済ます。以前はなかったアーリーチェックイン料金が必要になっていた。以前のルーズさが良かったのに、チョイと残念。

image


今回は弟家族と爺さんとキャンプするので、テントは3張り。しかし借りた区画は2つ。1つの区画がとても広い、そして眼前の景色。この立地が最高。

image

image


続いて下流側。子供達が水浴びをしている。PFDを着ている子が多く、ホッとする。

image


ドラゴンフライで炊爨中に、独り、正確にはプラス犬1匹残された。皆川遊びに行ってしまったので、犬も寂しがって擦り寄ってくる。

image




昼食は、各自好きな缶詰をご飯に乗せて食べる、何とも手抜きなメニューです。

image


宅の糞餓鬼は、オイルサーディン丼。周りを片付けてください。

image


手前は味付ツナとサバの味噌煮。取り箸を突き刺していました。マナー違反です。スミマセン。

image


食後のひと時。嗚呼良い天気だ。



ところが、13:30頃、ポツと雨が降る。何時ものことだから気にしない。

image


暫くビールを飲みながらゆっくりしていたら、ピカ、ゴロゴロと遠くの方が騒がしくなる。と次の瞬間には、ザーッ。バケツをひっくり返し返した様な雨。

image


通り雨だろうと思っていた。天気予報が雨ではなかったので、雨対策は一切持ってこなかった。雨女が居るのに何たる不覚。ずぶ濡れになりながら、タープの片側を下げ、水が溜まらない様にする。

image


周りはあっという間に水溜り。そして川の様にお隣のサイトへ流れていく。ヤレヤレ。

image


毎度の事とは言え、チョット降りすぎじゃないですか?



炭焼をすりつもりでいたが、炭も新聞紙も湿ってしまった。雨は止む気配すらない。

炉を組み、ドラゴンフライで炙った薪を敷き、その上に着火済みの炭を置くも、火が熾きない。団扇も持参していないので、カミさんと手前と二人掛かりで空箱やビニール袋を被せた焼き網で必死に仰ぐも成果なし。諦めかけたその時、風呂から戻った弟が、団扇を持ってきた。助かった。仰ぐこと数十分。火熾しに成功。

image


燠火になるまで待ち、焼肉スタート。

image


小さなランタンであっても、虫が寄ってくる。はぁ〜虫が嫌だ。嫌だと言いながらも宴会は続く。今回は明るいランタンを持参せず。嵩張るので、最後の最後で留守番に。



翌朝。

image


昨晩の雨が嘘の様。川が濁流でない。無事に朝が迎えられ良かった良かった。

image


五月蝿いドラゴンフライも川の流音には敵わず静かなものだ。

image


ご覧の通り一区画が広い。地面は小石混じりで、最初から付属のペグを打ち込むのは困難。重い金槌とチョット頑丈なペグが有れば問題なし。小石混じりであるから、グラウンド・シートや、マットは必須。直火OKと、良いキャンプ場なのだ。

以前は古臭いトイレも、

image


ヒノキの香るトイレへ変身。快適。これなら値上げにも我慢か?

さぁ、帰ってテントや泥だらけの椅子等を洗って干すぞ。湿ったタープや道具類も干すぞ。毎度のことながら、ハァ〜だ。

頭がクルッと丸くなったところが、この金槌と相性が良い。抜き易いのだ。






にほんブログ村 アウトドアブログへ