名古屋から1時間少々ドライブし、滋賀県栗東市のフォレストアドベンチャーへやって来た。新名神・信楽I.C.を降り、下道を数十分。道中にはコンビニが1件のみ。

image


食事を済ませ、この森の中へ入っていく。
スタートの30分前に受付を済ませ、ハーネスを装着。時間毎に遊べる人数が限られるので、混雑もなくユックリと遊ぶことができる。

image


13:00から、器具の使い方、遊び方、注意事項の説明を受けた後の実技試験(?)を無事合格し、いざ、第1アトラクションへ。

image


うーん、そこそこ高い。しかし不思議と恐怖感はない。腰の安全帯の御蔭なのだろう。

image


子供はヒョイヒョイと飛ぶように渡ってくる。カミさんは、年甲斐にもなくキャ〜キャ〜言いながら渡っていた。

何とか1コース目のジップラインまで辿り着く。この滑り降りるところだけ何回もしたい。爽快この上ない。

image

image

カミさんは着地失敗、尻餅。

道中の温度計は、26-30℃を表示していた(場所によりばらつき有り)。森の中は幾分涼しいものの、ジャングルジムを登ったり、綱渡りしたりと、汗ダクダク。滑り降りる時だけが、涼しい。

このフォレストアドベンチャー・栗東にはコースが5本。各コース共違った仕組み満載で、最後までチャレンジし続けられる。

image

image


各休憩スポット以外は、必ず二重に安全対策をしなければならない。仕組みがとてもよく考えられている。

image


だいたい高さはこれ位。

image


自称高所恐怖症の子供も、怖がらず、キャッキャと遊んでいる。

image


最後のジップラインを滑り降りて、本日のコースは終了。

image


尻餅をつくか、と期待したが、体制を立て直し、何事もなかったように着地成功。因みに手前は、何故か着地の直前に身体が反転し、背中からクッションのウッドチップに突入。早めに足を突き、減速するよう言われていたので、怪我をすることはないが、お尻と背中が濡れ着替える羽目に。着替えは必需品です。

15:00過ぎ。全工程終了。

image


お疲れ様でした。

係のお兄さんが時々面倒を見てくれていたものの若干拗ね気味の犬を、公園内で散歩させる。

image


ペットボトルを加えて走り回っていたが、未だ未だ残暑厳しいようで、直ぐに休憩。

人間も犬も気分転換出来たから、安全運転で帰りましょう。

帰路、トンネル内の多重玉突き事故により渋滞。減速したところに数台後ろから、キーガシャン、と。2車線共事故が起きたことになる。手前共より後ろは大変だったろうに。

安全運転、安全運転。


にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ