買ってしまった。正確には政府に買ってもらったと言うべきか。後で徴税されるのだから、買ってしまったと言う方が正しいか。


前々から目をつけていた時計。廃盤になり購入できないかもと諦めていた。

そんな折、掘出し物を見つけてしまった。

何とインターネットショップで30%OFF 且つ ポイント13,000円分程がもらえるとなっている。
悩むことなど一切無かった。ポチッ。しかし抜かりなくポイントサイトを経由し購入したのでさらに900円程のポイントも。




FullSizeRender



バーインデックス、4時位置のリューズ。セラミックベゼルの艶やかな輝き。
素晴らしい。



495D70E4-F606-4C18-A600-8DCCC2234E3F




リューズの先端に加飾あり。ケースは3rdダイバー「タートル」復刻版と同じく、腕側に向かって すり鉢状になり、手首が曲げ易いよう工夫がされている。



B9BFF304-AAA2-42B6-9F25-98CA98FBE6DF



裏蓋はお決まりの波マーク。



2425CEEB-0A52-4FBA-A972-BE39DBD0E152



文字盤にはうっすらと模様が施されているが、見る角度によっては無地にも見える。



タートルとケースサイズは同じくらい。直径45mm。手前には大きすぎず小さすぎず適当な大きさだ。一旦このサイズの時計に慣れてしまうと、普通のサイズ(直径38〜42mm?)が小さく感じてしまう。
矢張りトランスオーシャンは格好良い。




FullSizeRender





タートルを着けパドルを漕ぐと、決まって時計が12時方向にズレてしまう。それでは、時間を読みにくいので、近所の時計屋さんへこいつのバンド調整お願いした。そのお店から、バンドの洗浄を勧められたので、帰宅後重曹水に漬け込んでみた。外遊びの後は水洗いをしている。果たして綺麗になるのか、、、、




E8E40370-13C6-48BE-9B8D-F540D9E9D14C



30分後。黒い小さな物体が結構浮かんでいる。こんなにも汚れていたんだと反省。

これで綺麗になったろうか?



CE4DECB3-A3DA-433F-B118-FD910B0947D6







トランスオーシャン格好いい〜と浮かれていたら、過去にリリースされたショックなニュースを発見。

植村ダイバーと言われる2nd後期型の「復刻/廉価版」が日本で発売されるかも、と言うニュースだ。

トランスオーシャンも格好良いが、植村ダイバー(海外では: Captain Willard(ウィラード大尉)モデルとか)の方が。。。。。。




FullSizeRender


不朽の名作「地獄の黙示録」でマーティン・シーン扮するウィラード大尉。
この映画で使用された時計が、セイコー・セカンドダイバー後期型、通称植村モデルであった。





FullSizeRender

型番 SPB151(写真映りがイマイチ。実物を見たことないが、かなり渋いはず)


早まったかもしれない。きっと早まった。




にほんブログ村 アウトドアブログへ